loading...
monaminami

Once Upon A Time In~

01 December 2016
onceuponatimein

Once Upon A Time In~ なタイトルの映画を3カ国分。
それそれのお国柄や、くいしんぼ目線で各国の食文化についつい目がいってしまう。
それをもとに再現してみるのもとても楽しい。
一番有名なのはやはり、セルジオ・レオーネの『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ
すべてが哀愁。禁酒法時代のアメリカの雰囲気はとてもよいし、モリコーネの音楽がさらにロマンチックに盛り上げる。
覗き見た幼馴染の少女のバレエ姿、
少年時代、下町で歩きながら食べるコンビーフサンド。いちいちの風景がきれいです。
これ観た翌日に再現してみたコンビーフサンド。コンビーフなんて久々だったけど、保存食にもよさそうだし
なによりあの缶詰のデザインと開け方が最高。
阿片でへろへろに笑うロバート・デ・ニーロのお顔。

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・メキシコ』邦題は『レジェンド・オブ・メキシコ』
ロバート・ロドリゲス監督の。こちらより『デスペラード』のほうが個人的に断然面白いと思うのですが
プエルコ・ピビルが気になってしかたない。美味しく作るとジョニー・デップに殺されちゃうやつ。
豚肉をオレンジジュースとテキーラ、スパイスで漬けてバナナの皮で蒸し焼きしたものらしい。
なかなかにハードな食べ物そうですが、一度作ってみたい。
ついでに秋のバンデラス祭りと題してしばらくバンデラスばっかみていました。
ギターをひくバンデラス!歌うバンデラス!戦うバンデラス!恋するバンデラス!セニョール〜
あぁ、かっこいい。セクシー。ジョニー・デップよりも断然バンデラスが好きです。

『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ』 前半3部作をとどめに。
清朝末期の動乱の実在の武術家、黄飛鴻(ウォン・フェイフォン)を主人公にしたおはなし。
この1~3部はジェット・リーが主演。断然第1作目の天地黎明が面白いと思います。
西洋文化が入ってきた中国の雰囲気もとてもいいし、キャラ立ちまくりな登場人物達
特に"太っちょ"面白すぎる!ジェット・リーのキレキレのアクションは言わずもがな最高!
そして、一家でかこむテーブルにででんとのっかる大皿料理はどれも美味しそう。
立ってかっ込むラーメン的なのが一番きになる。街の喧騒のなか並ぶ屋台のアジア感。
このオープニングの曲が頭から離れません。

今週はモナミチキンカレーに無花果のマフィンや栗のパウンドケーキ、レモンケーキ
塩キャラメルスコーン、チョコチップスコーンなどを日替わりで焼いております。
秋の限定ドリンクもそろそろ終わります。冬のドリンクもおたのしみに!

: monami

LATEST POSTS

CATEGORY