loading...
monaminami

202207

03 August 2022
202207_Movie

7月に観た映画18本を座ざんと。
先月もプライベートが忙しめ、暑さでやられがちであんまり観られず。
まー無理に観るものでもないですし、のんびりとピングドラムのアニメ版を何周めかの復習しつつ、
限定配信していた劇場版に滑り込みピンドラ祭りな感じの7月。それにしたってよく出来ているしすんばらしいアニメなので
何度見たって感動しちゃうのです。劇場後半も楽しみ!さらに同時に観ていた『アルプスの少女ハイジ』も観終わってしまってハイジロス。心の安定剤的アニメです。次にアルプスに行けるのはいつだろう。山梨のアルプスでもいいからひんやりしたところに行きたいです〜〜!

そして、これまた再鑑賞な原田眞人『タフ』シリーズ。こちらも癖になる面白さできっとまた観そう。
この中で安岡力也がおすすめしている"ロンサムダブ"が観たすぎるのでDVD買おうかな〜と検討中です。
近年の原田眞人作品は?な感じですが、この頃のセンスはヤヴァイです。その流れで見た『KAMIKAZE TAXI』も再結成したらしい旬な男闘呼組(懐!)の高橋和也がなかなか良いし、さりげない登場のさせ方からワクワクさせされる日系ペルー人の役所広司とのそよかぜな出会い。
道中からカミカゼ化して行くエピソードまでうますぎて流石。
片岡礼子もとてもかわゆいし、ミッキー・カーチスのヤクザっぷりもいい。

ドストエフスキー『白痴』がベースらしいけど、ここまで調理するアンジェイ・ズラウスキー『狂気の愛
冒頭のミッキーたちから心鷲掴みされるわー!とにかく落ち着かない人々の動きとカメラワークで観るものを挑発し続ける。
まさかの「風と共に去りぬ」に、パリの街中を駆け巡り、無茶苦茶な舞台をするソフィー・マルソーは何しても可愛い。
ズラウスキーの作品みるたびにこの人の脳内どうなっているのだろうかと、未知すぎる思考を覗き見させらるのが快感でもあったりする。

こちらも脳内どうなっているんだろうな監督様(大好き)ベルトラン・ブリエ『料理は冷たくして』〈未ソフト化〉
OPのメトロ動画からおしゃれすぎ、から最近よくみるラ・デファンス駅でのやりとり、モダンなドパルデューのマンション(住みたい)。出てくる皆がめちゃくちゃなのにミイラとりがミイラ?みたいな見事な収まりの素晴らしさ。これはちゃんとソフト化してほしい!見られるのが少ないのが残念すぎる。

そしてどうかしているレベルが振り切れ気味なフライング・ロータスちゃん!
KUSO』ようやく観ることが出来た〜!KUSO!紛れもない糞まみれ。いろんなもん出まくってます。もっと酷いのを予想していたから案外ちゃんとストーリーもあって、面白エピソードも結構あったりと楽しかった。
音響もFLYING LOTUSしていて彼の脳内ドバァーーと噴出。やりたいことやれるっていいよね!最高!

で、先月のベストはニコラス・ローグ『地球に落ちてきた男』!
ボウイとニコラス・ローグで最高に好きしかない!宇宙人と言われて説得力ありすぎる美しさと妖艶さと、惜しみないボディ全て出してくれるボウイ様♡
乾いた異星と欲望渦巻くニューメキシコの砂漠。重なるイメージ、降ってくる人、天才的。

1. 山本薩夫『座頭市牢破り
2. ベルトラン・ブリエ『料理は冷たくして』〈未ソフト化〉
3. ニコラス・ローグ『地球に落ちてきた男
4. モンテ・ヘルマン『旋風の中に馬を進めろ
5. 村野鐵太郎『富士山頂
6. 岡本喜八『座頭市と用心棒
7. 原田眞人『タフPartⅠ 誕生編
8. 門奈克雄『タフ Part2 復讐編
9. 原田眞人『タフPart3 ビジネス殺戮編
10. 原田眞人『タフ Part4 血の収穫編
11. フライング・ロータス『KUSO
12. 原田眞人『KAMIKAZE TAXI
13. ジョン・G・アヴィルドセン『ジョー』【未ソフト化】
14. ルイス・ブニュエル『ブルジョワジーの密かな楽しみ
15. 幾原邦彦『劇場版 RE:cycle of the PENGUINDRUM[前編]君の列車は生存戦略
16. アンジェイ・ズラウスキー『狂気の愛
17. 伊丹十三『たんぽぽ
18. ルイス・ブニュエル『小間使いの日記
アニメ『輪るピングドラム』『アルプスの少女ハイジ

Category: Movie

Tags: 

2022.08.03 1:00 PM