loading...
monaminami

Berlin Alexanderplatz

10 October 2019

すっかり秋ですがこの夏はライナ・ヴェルナー・ファスビンダーの超超大作『ベルリンアレキサンダー広場』にハマっておりました。最高〜〜〜〜!
その裏でトーマス・マンの『魔の山』が夏の私の課題図書だったものでなんとなくドイツ祭り。オクトーバーフェスト行きたい。て思ったのに今年はもう終了らしいので自宅でドイツパンを焼いてアイスバイン作って、自宅フェストを計画中です。
1980年にドイツでドラマとして制作されたアルフレッド・デーブリーンによる同名小説が原作のこのドラマ、全14話898分という長く濃密な旅路。1920年代のベルリンを舞台に、
愛と罪と憎しみと許しと夢と運命。"普通の男"フランツ・ビーバーコップが時代に流れ流され生きていく様は圧巻。ただでさえ動乱の大戦の狭間のベルリン。モガい女性たちのキュートさも眩むくらいに全ての風景がどんよりセピア色に霞んでいる。屠殺場に向かう豚の如きに時代と運命にまっしぐら。逃れられない人間の悲しさ。虚しさよ。毎話のタイトルやなんかやたら語りだした時のフランツの台詞にやられる。
ラスト14話だけがファスビンダーのオリジナルで、これがもう大変なカオス。屠殺場を舞台に、これが撮りたかった/みせたかったがための13話だったのか!やりたい放題な表現があふれて出て圧倒されます。
本編13話の間の当時のドイツ的流行歌?な音楽も良かったし、14話だけ監督の好きなの全部ぶっ込んだ感じの音楽も、ツボです。勢いでApple Musicでプレイリストも作っちゃいましたわよ。
原作もこりゃ読まねば!と早速探して購入。厚さに怯むけど、20世紀前半前衛文学と有名らしいので心して挑みたいと思います。

今週はモナミチキンカレーのご用意です。
秋の限定ドリンクも始まっております。
シナモンティー/シナモンホットチョコレート/ソルティキャラメルティーorカフェオレの全4種です。
ケーキ類も栗のパウンドケーキや無花果のマフィンなど秋の味覚祭り!どちらも大変好評いただいております。多分栗のパウンドケーキは 当店で一番人気なのかも。と毎年感じております。
内容も去年より栗感アップさせて生産量も倍、いや3倍くらいで連日焼いております。
ぜひご賞味くださいませ〜。
週末は何やらすごい台風がやってくるらしいので様子見での営業とさせていただきます。
休み又は早仕舞いなどは随時NEWS欄とインスタグラム/ツイッターなどでお知らせします。

Category: ドイツ

Tags: 

2019.10.10 12:00 PM